メニュー
Information

活動報告

「子らを思う歌」
保育園に飾っていた山上憶良の歌:中山水龍筆

白銀も 金も玉も 何せむに

  まされる宝 子にしかめやも

山上憶良の歌で、一番知られている歌です。

瓜食めば 子ども思ほゆ

栗食めば まして偲はゆ

いづくより 来たりしものぞ

まなかひに もとなかかりて

安すいし寝さね

という、「子等を思う一首あはせて序」の長歌にたいする反歌です。

長歌には、「こんなに可愛い子どもというものは、一体どういう宿縁で、どこから我が子として生まれてきたのでしょうか」と、我が子への愛情があふれ、反歌で「子どもに勝る宝はない」と詠っています。

今日また、我が子を殺すといった悲しい事件の報道がありました。深い悩みや、どうしようもない事情があるかもしれません。でも、誰かに助けを求められなかったものか。何とか子ども達を救う手がなかったものかと思うのです。