belief

政治信念

私は、浦安での40年間、子どもたちを育てる仕事をしてきました。保育園経営をはじめて20年余り経ったころから、子どもの育ち方が段々変わってきているように感じ始めました。子どもが育つ場、つまり社会の変わり様は顕著に子どもたちに現れるのです。

私が見て来た社会の変わり様とは、団塊世代がこの国の主力を担うようになってから、大量消費・大量廃棄や、拝金主義、隣の芝生が青いと踏み躙るような利己主義が、世相として蔓延してきたことです。たしかに日本経済は高度成長したかも知れません。しかし、その代わりに、昔から日本人が大切にして来たことは、忘れ去られていきました。

質素倹約、質実剛健、千里の道も一歩から、石の上にも三年、情けは人のためならず、天に唾を吐く、人の振り見て我が振り直せ、因果応報、お天道様が見ている、等々。今では滅多に聞くことがなくなったこれらの格言を実践していた、かつての日本人。
この日本人の美徳、価値観を、いつのころからか子どもたちに伝えることをしなくなってしまったのです。

そんな子どもたちの変化に対して何かをしなくてはと思い、18年前政治の世界に飛び込みました。そして、浦安市議会議員になってすぐに、市長の汚職事件が発覚。それからの4期14年の私の議員生活は、「義を見てせざるは勇無きなり」を貫くためのものでした。

私は、正義がまかり通る社会に生きたいのです。道理が通る正しい社会を子どもたちに生きてほしいのです。次代を担う子どもたちに、人として正しく生きることを教えたい。ずるをした者が得をする、まじめな者は馬鹿を見る、それが世の中だと教えたくないのです。

政治の役割は、子どもたちに、公平公正な社会、そして明るい未来を約束することだと私は考えます。しかし、今、政治はその役割を果たしていると言えるでしょうか。だから、「誰がやっても同じ」と、政治をあきらめている世相が低投票率に出るのです。こんなあきらめの社会で健全な人格の次世代が育つとは、私には到底思えません。

私は、「次世代に責任を持つ政治」をあきらめない。あきらめるわけにはいかないのです。なぜなら、「次世代を育てる事」、それが私たち世代の使命だからです。

Information

活動報告

なぜ「努力義務」❓
厚生労働省HPデータ。5〜11歳の死亡は限りなく0

厚労省は5〜11歳のワクチン接種を「努力義務」に。
遡ること8月5日には、新型コロナワクチンの接種と副反応との関連性を議論する専門部会を開催した。

同会に提出した資料によると、予防接種開始(2021年2月17日)から22年7月10日までに新型コロナワクチン接種後の死亡として報告された事例は1779件(ファイザー社製1616件でうち4回目接種後1件、モデルナ社製162件で同0件、アストラゼネカ社製1件同1件)。 その後、7月22日までに16件(ファイザー社製10件でうち4回目4件、モデルナ社製は6件でうち4回目は1件)の報告があった。  つまり、予防接種開始以来17カ月余りの間に、1795件(ファイザー社製1626件でうち4回目は5件、モデルナ社製168件でうち4回目は1件、アストラゼネカ社製1件で4回目は0件)の死亡が報告されたことになる。専門部会では22年7月10日までに報告された1779件の死亡とワクチン接種との関連について、「現時点においては、4回目接種後の事例も含め、引き続きワクチンの接種体制に影響を与える重大な懸念は認められない」とした。

ちなみに、7月10日までに報告された5歳から11歳までのワクチン接種後死亡事例は1件。今年4月28日にファイザー社製で2回目接種した11歳の女児が2日後に死亡した1件だった。この女児は脳性まひで、重い障害があった。なお、この年代の接種後副反応疑い報告全体をみると、ファイザー社製の医療機関報告110件、製造業者報告125件があった。症状は発熱、けいれん発作などで心筋炎・心膜炎もあった。

共同通信2022.8.9

ワクチン後の死亡に関しては、1779件の報告を「重大な懸念とは認められない」とワクチン接種を推し進め、5〜11歳の接種を「努力義務」にする。

この国は、国民の命を、特に次代を担う子ども達の命を守る気持ちがあるのか。

活動報告一覧を見る

Policy

政策

あさひにぎわいづくり

「伝統」を育み「流行」を興こす。「賑やかさ」を演出し、新しい文化を創出
様々な分野において経済機能を強化し、地域の生活向上と活性化を推進します

産業の強化

  • 第一次・二次産業の維持拡大と第三次産業との相乗効果による全体産業の拡充
  • 国際市場をも見据えた「品質」の普及宣伝と消費拡大

雇用機会の拡充・人口対策の推進

  • 創業者支援の強化・はたらく女性の支援
  • 働きやすさの推進(通勤・通学経費の軽減・新たな交通ルートの仕組み作り)
  • こども・高齢者支援(サービス付高齢者向け住宅・一時預かり施設の供給拡大)
  • 空き家・空き店舗・更地等の有効活用・新たなマーケットの展開や企業誘致
  • 移住者誘い込みの促進

観光振興

  • 首都圏からの誘客拡大
  • 豊かな観光資源(景観・食文化)の普及宣伝と新市場の創出
    (ファーマーズマーケット・フィッシャーマンズワーフ等の展開)
  • 芸術支援

About

戸村ひとみの紹介

経歴

昭和55年

日本女子大学英米文学科卒業

同年

私立保育園開園(浦安市)

昭和61年

浦安青年会議所初の女性会員

平成20年、平成26年

浦安シーサイドライオンズクラブ会長

平成15年から4期14年

浦安市議会議員

現在

旭市会社役員

プロフィール

好きな言葉

趣味

陶芸、畑仕事、針仕事

ストレス解消法

波を見ながら犬と散歩